ハンドボール ゴール おすすめ
2018年7月6日

ハンドボールゴールの選び方と人気おすすめメーカー3選

ハンドボールのボールは使用する年代によって大きさが異なりますが、ゴールも大きさに違いがあるのでしょうか。ゴールの規格や高さ・大きさから、ゴールに張るネットの種類を紹介します。
また、屋外用、国内用のゴールの種類・設置方法の注意点もあわせて紹介します。

おすすめの関連記事↓

ハンドボールの選び方と人気おすすめ3選!【2018年最新版】

ハンドボールのゴールの規格って?

ハンドボールのゴールのサイズに種類はなく、縦・横に関しては規定が定められています。奥行に関してはコンパクトタイプ等があるため、細かい決まりは設けられていません。

ハンドボールのゴールの規定

  • 縦:200㎝
  • 横:300㎝
  • 上奥行:80~100㎝
  • 下奥行:100~150㎝

ハンドボールのゴールポストの高さや大きさ

ハンドボールのゴールの高さは、地面からクロスバーの内側までが200㎝です。身長180㎝の成人男性であればこぶし二つほどで頭がついてしまいます。
左のゴールポストから右のゴールポストまでは内側のラインで300㎝です。

ハンドボールのゴールネット素材や種類

素材

ポリエステル

ポリエステル製のネットは、反発性がなくショックを吸収してくれます。そのためシュートしたボールが前に転がりだしてくることがなく、キーパーも安全です。
軽量で吸水性もないため、屋外用に向いています。

ナイロン

ナイロン製のネットも性能はポリエステルと似ています。使用期間が長くなると繊維がほどけてしまい、ちぎれてしまう事もまれにあります。

ビニロン

ビニロン製のネットは吸水性が高く、水を含むと重くなってしまいます。そのため屋内の使用に向いています。また、耐候性・難燃性に優れており摩擦にも強い特徴を持ちます。

ポリエチレン

ポリエチレン製のネットは非常に軽く、引っ張り強度、耐候性に優れていますが、弾力性にかけています。リサイクル素材でつくることができるため注目を集めている素材でもあります。

ハンドボールのゴールネットの種類

結束の方法

結束のネットとは、糸同士が交差して編まれるタイプのネットです。無結束タイプと有結束タイプの2種類あります。

  • 無結束

2つの撚りを交互に交差させ、結び目をつくらずに網目をつくります。強度が下がりにくく、伸びが少なく軽いという特徴を持ちます。風にあおられにくいタイプのネットです。

  • 有結束

糸を交差させるときに結び目をつくり、網目をつくるタイプのネットです。結び目をつくることで弾力が増し、ショックの吸収性も高くなります。また破損部分が出来ても切り口が広がらないため、修復しやすいタイプのネットです。

 

網目の形状

網目の形状は、四角と亀甲タイプの2種類があります。

  • 四角

四角の形状が、どの競技のネットでもスタンダードとなっています。

  • 亀甲

有結束タイプでつくられたネットが亀甲形状となります。四角形状のタイプよりも高価なタイプのネットです。

ハンドボールのゴールを設置する時の注意点

ハンドボールのゴールは重量があり、持ち運びが困難なものが多いです。しかしジャンプをして放たれるボールの威力は凄まじく、動いてしまう事が多々あります。またキーパーも激しく動きますので、ゴールはしっかり固定する必要があります。屋外・屋内でのゴールの設置方法と注意点を紹介します。

屋外用

屋外用のゴールは、年中固定したままで良いのであれば、打ち込み杭を使って固定します。使用後は倒す場合は砂袋等のおもりをバーの上にのせてゴールが動かないようにします。

屋内用

屋内用のゴールは、体育館に専用の受け口があればボルトなどで固定します。もしない場合はおもりをバーに取り付け、動かないようにします。

ハンドボールシューズの選び方と人気おすすめ10選【室内用から屋外用まで】

ハンドボールゴールの人気おすすめメーカー3選とその特徴

クイックプレイ

クイックプレイの特徴

サッカー発祥の地イギリスで誕生したスポーツ練習器具ブランドです。クイックプレイが考案した革新的なゴールフレームは特許を取得しており、組み立てがわずか120秒、超軽量・コンパクトな点が評価されています。日本でも様々なスポーツに使用されています。

ポータブルハンドボールゴール

わずかな時間で設営が可能な折りたたみ式ハンドボールゴールです。ポールは軽量でしなりに強いファイバーグラス製で、フレームは頑丈なスチールでできています。

[クイックプレイ] ポータブル ハンドボールゴール 3m×2m 公式サイズ HBS 折りたたみ式 ゴール

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

モルテン

モルテンの特徴

モルテンは、広島県に本社を置く日本のメーカーです。様々な競技のボールやホイッスル、ラインカーなどを開発し供給する他、自動車用関連部品の製造・販売なども手掛けている企業です。

モルテンハンドボールゴール

小学生用のハンドボール専用簡易ゴールです。

molten(モルテン) ハンドボール 小学生専用簡易ゴール(1台) AHG

Amazonで詳細を見る

エバニュー

エバニューの特徴

エバニューは日本のスポーツ器具メーカーで、様々なスポーツ用品を始めアウトドア用品の製造・販売も手掛けている企業です。

ハンドボールポストNO.14

屋外用のハンドボールゴールです。材質はスチールでできており、土台のフレームは錆びに強い亜鉛メッキを使用しています。

エバニュー ハンドゴールポストNo.14 EKE695

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

まとめ

ハンドボールゴールは規定が決まっており、ボールのように使用する年代で大きさの変化はありません。
使用されるネットには様々な種類があるので、コスト面や強度、使用場所によって使いわけることをおすすめします。
ハンドボールゴールを製造しているメーカーを3社上げましたが、Amazonや楽天で購入できるゴールのタイプは各社異なります。必要に応じて選んで頂けたらと思います。

合わせて読みたい!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。