2018年7月5日

ハンドボールアウトシューズの特徴とおすすめメーカー3選

ハンドボールは日本ではまだまだマイナースポーツですが、中学や高校の部活動でハンドボールを始める方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はハンドボールシューズの特徴とアウトシューズの選び方を紹介します。また、おすすめのハンドボール用アウトシューズのメーカーとアイテムも紹介しているので、ぜひご自身にあったお気に入りのシューズを見つけてみてください。

ハンドボールインシューズ人気おすすめ10選

ハンドボール用のシューズって?

ハンドボールのシューズにはどのような種類があるのでしょうか。
他のスポーツシューズにはないハンドボールシューズならではの特徴について紹介します。

アウトコート用とインコート用がある

ハンドボール用のシューズには、屋外でのプレイで使用するアウトコート用シューズと屋内でのプレイで使用するインコート用シューズの2種類があります。

そもそもハンドボールは屋内で行う競技ですが、中学・高校の部活動などでは他の部活動との兼ね合いで屋外でのプレイが避けられない場合もあるので、目的にあったシューズを購入しましょう。

ハンドボールシューズの特徴

靴底は厚め

ハンドボールシューズは靴底(アウトソール)が厚めに作られています。

ハンドボールはコートの中を常に走り回りってジャンプをしたりフェイントをかけたり、とシューズに強い負荷がかかる競技なので、シューズがそれらの負荷に負けて壊れてしまわないように靴底が厚めに作られています。

また、靴底が薄いと足にかかる衝撃が吸収できずにケガにつながりやすいという理由もあります。

ハンドボールの動きに対応しているグリップ

ハンドボールシューズのグリップは激しい動きに対応できるように設計されています。

ハンドボールではジャンプによる上下からの衝撃とフェイントやステップによる左右からの衝撃があるので、それらにバランスよく対応したグリップが採用されています。

アウトシューズの底はイボイボになっている

ハンドボールのアウトシューズ(屋外用シューズ)は靴底がイボイボになっているのが特徴的です。

これは屋内のコートと屋外のコートの環境の違いが理由で、砂や小石などがある屋外でも滑りにくくしっかりプレイできるような設計になっています。

ハンドボールのアウトシューズを選ぶ時のポイント

  • 自分の足の形を知る
  • アウトシューズは消耗が激しいことを考えて選択

自分の足の形を知る

みなさんはご自身の足の形をご存知でしょうか。

ハンドボールもその他のスポーツも自分の足にフィットしたシューズを使用しないと、パフォーマンスが低下したりケガの危険性があったりするため、シューズを選ぶ前に自分の足の形を知っておくことが大切です。

自分の足の幅は広いのか狭いのか、足の甲は高いのか低いのか、しっかりサイズを図ったうえでシューズを選びましょう。
一般的に日本人の足は幅広甲高と言われているため、日本のメーカーのハンドボールシューズも日本人に合う設計がされています。

アウトシューズは消耗が激しいことを考えて選択

ハンドボール用のアウトシューズはインシューズに比べて消耗が激しいです。
そのためインシューズに比べるとシューズを買い替える頻度も多くなるので、ハンドボール用のアウトシューズを購入するときはそれらを考慮してシューズの選択をしましょう。

消耗が激しいことを考慮してより丈夫さを重視したり、アウトシューズは消耗品だと割り切って低価格かどうかを重視したり、とご自身の目的や用途にあったアウトシューズを見つけてみてください。

ハンドボールアウトシューズのおすすめ人気メーカー3選とその特徴

アシックス

アシックスは日本最大手のハンドボールシューズメーカーで初心者の方からプロ選手に至るまで幅広く愛されているメーカーです。
日本のメーカーなので日本人の足にフィットするシューズが多いのもおすすめのポイントです。

スカイハンドOC2 THH539

[アシックス] ハンドボールシューズ スカイハンド OC 2

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

屋外用ハンドボールシューズにおいて最大級のシェアを誇るのが、アシックスのスカイハンドOC2です。
最大の特徴は優れた耐久性とグリップ性を兼ね備えている点です。

カカト部分に内蔵されたGELによって優れた衝撃緩衝性を実現し、アウトソールには従来のアシックスシューズの約3倍の耐摩耗性を持った素材を採用しているとても丈夫なおすすめのハンドボール用アウトシューズです。

日本メーカーなので日本人の足の形に合うように作られているところも嬉しいポイントです。

ヒュンメル

ヒュンメルはドイツのスポーツ用品メーカーで、デザインの多彩さが特徴的です。

海外のメーカーですが、幅広タイプのシューズも販売しているので日本人にも愛用者は多いです。

グランドフライHAS6009

[ヒュンメル] hummel ハンドボールシューズ グランドフライ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

グランドフライは従来のシューズより耐久性が向上したおすすめのハンドボール用アウトシューズです。

ハンドボール用のアウトシューズ消耗が激しく頻繁に買い替えなければいけないですが、グランドフライは他社のシューズに比べて低価格なのでコストの面を重視する方にもおすすめです。

ミズノ

ミズノは日本のスポーツ用品メーカーなので日本人の足に合ったアウトシューズが多く販売されています。

ウェーブガイア2

[ミズノ] ハンドボールシューズ ウエーブガイア 2

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウェーブガイア2は高いクッション性とグリップ性を兼ね備えたおすすめのハンドボール用アウトシューズです。

衝撃を分散させる独自の波形ソール「ミズノウェーブ」の採用により高いクッション性と安定性を持っているため高いパフォーマンスを発揮できます。
また、日本のメーカーであるため日本人の足にフィットする設計なところも嬉しいポイントです。

ハンドボール本の選び方とおすすめ6選!

まとめ

ハンドボールシューズは激しい動きに対応するために丈夫な作りになっています。

しかし、ハンドボール用のアウトシューズは消耗も激しく買い替える頻度も多いため、価格や衝撃緩衝性などに注目してお気に入りのアウトシューズを購入してハンドボールを楽しみましょう。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。