柔道 漫画
2018年6月9日

柔道漫画人気おすすめ7選【これで柔道にハマること間違いなし!】

スポーツに関する漫画は数多くあり、柔道もそのひとつです。柔道は今も昔も変わらない人気のスポーツで、オリンピック種目にもなっているほど世界中で愛好家がいるのはご存じの通りです。そんな柔道ですが、漫画作品として人気の高い柔道漫画もたくさんあるのをご存じでしょうか?そこで今回は柔道漫画の良いところをはじめ、人気おすすめ7選の漫画をご紹介します。これから柔道を始めたい方はもちろん、少しでも柔道に興味のある方にもおすすめです。

柔道漫画のいいところ

柔道漫画の良いところをまず挙げるなら、柔道の世界を理解しやすいところです。部活やクラブなど、柔道を習う機会は多くあります。しかし回りに経験者がいなければ、柔道の楽しさも魅力も分かりません。しかし柔道漫画を読むことで柔道の世界を疑似体験でき、楽しさ、喜び、ときには苦しみも理解できます。自分はもちろん、子どもに柔道を習わせたい時などは一度柔道漫画をすすめてみるのもひとつの方法と言えます。

また、ルールや技を分かりやすく覚えられる点も挙げられます。柔道の技は多く、講道館の公式サイトでは投げ技68本、固め技32本と記載されています。漫画ですべて登場するわけではありませんが、一本背負いや背負い投げ、払い腰や内股などの代表的な技はもちろんですが、漫画だからこそ繰り出せる少々マニアックな技も覚えられます。きれいに技が決まった場合、微妙な判定、技の防御、技の仕掛け方など、漫画は静止画なので何度もゆっくり確認できるのも良いところです。

柔道漫画の人気おすすめ7選

柔道部物語 (ヤングマガジンコミックス) Kindle版

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

柔道漫画を代表すると言っても過言ではない「柔道部物語」。
主人公の三五十五は、中学時代は吹奏楽部でしたが、ちょっとした好奇心から柔道部に入部してしまいます。入部当初はいわゆるシゴキに苦しみますが、持ち前の負けん気で柔道を続け成長していくストーリーです。特に最後の試合は一度負けたライバル、西野との死闘は読み応えがあります。コメディータッチのシーンも多くどんどん読み進められますのもおすすめできる理由です。

JJM 女子柔道部物語(1) (イブニングコミックス) Kindle版

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

柔道部物語と同じ作者、小林まことが描く女子柔道部物語。
1996年に開催されたアトランタオリンピックの女子柔道61kg級で、日本の女子柔道界で初めて金メダルを手にした恵本裕子の実話が原作になっています。
北海道の旭川を舞台に、主人公の女子高生「神楽えも」の成長が描かれ、白帯だった主人公がのちに世界の頂点に立つストーリーが描かれています。

Yawara! (1) (小学館文庫) 文庫

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

浦沢直樹が描くYAWARA!は、一見普通のかわいらしい女の子、猪熊柔が柔道を通して成長していく漫画です。
柔道の指導者で祖父の猪熊滋悟郎は伝説的な柔道家で、訓練の成果もあり天才的な柔道家に育った柔は数々の困難や試練を乗り越え、オリンピック2連覇を成し遂げ、国民栄誉賞まで受賞します。

人気の理由は柔道のストーリーだけでなく、新聞記者の松田との恋愛要素も交えながら物語は進んでいきます。これまでにないテイストの柔道漫画として大ヒットを記録し、アニメ化するなど柔道ブームを巻き起こした漫画です。

新・コータローまかりとおる! 山嵐vs.天狗投げ!の巻 アンコール刊行 (講談社プラチナコミックス) コミックス

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

格闘技漫画として名高い「コータローまかりとおる!」の柔道編です。基本的には柔道を中心に物語は進みますが、ほかのコータローまかりとおる!シリーズ同様、異種格闘技の要素も取り入れられています。主人公はあくまで功太郎ですが、もう一人の主人公と言える西郷三四郎の成長する様子も物語の中核を担っています。シリーズの特徴であるギャグ要素も取り入れられ、テンポよく読み進められるのもおすすめのポイントです。

帯をギュッとね! (1) (小学館文庫) 文庫

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

柔道部のない高校に入学してしまった少年たちの奮闘を描いた柔道漫画です。高校の部活にスポットを当てているため、柔道をテーマにしつつも青春ど真ん中の爽やかな内容となっています。そもそも入学した高校に柔道部がなかったため、上級生によりいわゆる“シゴキ”とは無縁の柔道漫画で、自分たちで練習内容を考え実践。徐々に成長していく様は感情移入しながら読み進められます。部活動でこれから柔道をはじめたい人や、その年代の子どもを持つ親御さんにもおすすめの柔道漫画です。

からん(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

京都の名門お嬢様女子高が舞台の柔道漫画です。中学時代、柔道で京都2位の実力を持つ高瀬雅と、どこか陰のある九条京を中心に物語は進みます。雅に誘われ柔道部に入部した京は、初めて見る柔道に胸が高鳴り、二人で柔道に打ち込んでいきます。柔道だけでなく学校内外の話も魅力的で、柔道に興味がなくても楽しめる漫画です。

花マル伝(1) (ヤングサンデーコミックス) Kindle版

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

桜ヶ丘中学に入学した花田徹丸(花マル)の成長と活躍を描いた柔道漫画です。思いを寄せる同級生が上級生に絡まれていたところ、同級生の木元旭が上級生を柔道の技で投げ飛ばすのを目撃します。花田は木元をライバルと勝手に思い込み、柔道部に入部しますが木元は全国制覇を狙うほどの実力者。柔道素人の花田は足元におよぶはずもなく、厳しい練習を乗り越え柔道に打ち込むことでライバルへと成長していくストーリーです。高校進学後の続編「新花マル伝」でもライバル関係は続きます。

柔道漫画のまとめ

【次に読むべき漫画はこれだ!】スポーツ漫画の人気おすすめ19選!

柔道漫画の魅力やおすすめ漫画を紹介してきました。柔道漫画と言ってもさまざまな切り口のものがあり、それぞれ楽しみや魅力が違います。少しでも柔道に興味がありましたら、今回ご紹介したおすすめ漫画のひとつを手に取ってもらえたら幸いです。

合わせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。