登山 ハードシェル
2018年6月3日

登山に欠かせないハードシェルのとおすすめ人気10選を紹介!選び方も!

大自然と向き合える登山は誰でも楽しめるアクティビティですが、冬山となると装備が非常に重要になってきます。
そこで今回は、登山に欠かすことのできない、ハードシェルについてご紹介いたします!
おすすめ商品を参考に自身にあったハードシェルを探してみてください。

ハードシェルの選び方のポイント

ストレッチ性で選ぶ

ハードシェルは、他のアウターと比べて耐久性が非常に高いですが、その反面、丈夫であるためにストレッチ性が比較的弱いことが特徴です。
ですが、登山など身体を自由に動かす必要があるアクティビティの場合、身体の動きを妨げない十分なストレッチ性が求められます。
そのため、登山用ハードシェルを選ぶ際に重要なポイントの一つがストレッチ性です。

重量で選ぶ

登山をするうえで、考えなくてはならないポイントの一つ、それは「総重量」です。
登山は基本的に短時間で終わるようなアクティビティではありません。コツコツと一歩一歩を踏みしめてゴールを目指します。
総重量が大きい場合、長時間の活動の足かせにもなり、大きな負担となります。

素材で選ぶ

登山のような自然の中のアクティビティの場合、人的被害よりも自然的被害が懸念されます。
具体的には強風、寒気、風雨、風雪など、外界からの刺激を受ける場合があります。
そのため、ハードシェルにはそれらの刺激をシャットアウトする役割が求められます。

ハードシェルとソフトシェルの違い

ハードシェルとソフトシェルの違いについて、それぞれの違いや特徴について説明していきます。ハードシェルとは、暴風・防水・防雪といったいわゆる高い山や雪山・冬山用のアウターとして使用されます。機能性を重要視したアウターです。また、雪山で転んだりしたときなど滑り落ちないように生地の表面がザラザラしたものもあります。丈夫な生地で縫製されています。一方、ソフトシェルとは、防水の機能といったゴアテックスというよりも、着こごちやストレッチ性を重視したアウターです。名前からソフトというものの、薄手のものから分厚いものまでたくさんの種類があります。
普段着にも使えるソフトシェルおすすめ5選【選び方のコツも解説】

冬に活躍するハードシェル

登山には必須

ハードシェルとは、一番外側に着用する丈夫なジャケットのことをいいます。登山の際の雪山・冬山また山岳スキー要として作られています。生地は破れにくく、固い感じで悪天候から守ってくれるため、登山にはかかせないアウターです。雪山では、滑落防止のために生地の表面がすべりにくくなっているザラザラしたものもあります。ゴアテックスという素材を使用しているため、雨や雪を外からシャットアウトしつつも、内側からの汗が蒸れないように外へと逃してくれるので、ハードシェルは悪天候の登山にはなくてはならない必須アウターです。

街着でも着れちゃう

ハードシェルは、とても万能なアウターなので、オフィス用としてや普段の格好の時も含めて街着としては最適です。機能性については文句なしのアウターなので、冬用として使用するにはとても使いやすいです。また、デザインもシンプルなものが多いのでスーツに羽織るも良し、カジュアルスタイルも良しと幅広く使えます。モンベルなどのブランドのロゴが入ったアウターを着て街中を闊歩すればおしゃれな着こなしに見られること間違えなしです。寒さが厳しい街中で自転車に乗る時の防寒用としても最高の一着です。

メーカーの特徴を知っておこう

モンベル

モンベルのハードシェルは、多くの登山者から絶大な信頼を集めています。何と言っても国内最大手のアウトドアメーカーです。アウターの種類はとても充実していて、用途にあったピッタリのものを選ぶことができます。モンベルは従来からの既存の素材にとらわれることなく、独自の素材開発を常に研究し、さらなる機能性の高いアウターを生みだしています。標高3000m超の冬山登山やロッククライミング、山岳ガイドのプロユースも耐えられるように研究開発されたモデルのハードシェルもあります。過酷な悪天候下で大活躍すること間違えなしです。メンズ・レディースともカラーも種類も豊富でデザインもシンプルなのでファッション性の観点からもショッピングする上で、アウター選びも楽しいものです。また登山用品としてはモンベルは比較的リーズナブルな価格なので、アウターの性能から考えると十分だと考えられます。

(モンベル) mont-bell ストームパーカー Men’s

Amazonで詳細を見る

モンベルのストームパーカーは、登山やスキーといったウィンタースポーツなどのハード系から、アウトドア用として、また街着としておしゃれなアウターとしても大活躍します。モンベル独自の高強度シェル素材に、透湿性を兼ね合わせたゴアテックスを組み合わせることで、悪天候で究極な環境下でも最高のパフォーマンスを発揮します。シンプルですっきりとしたデザインで、動きやすく薄手ながらも保温力に優れているため暖かいです。左袖のポケットなど機能性も兼ね合わせたモンベル定番の商品です。

(モンベル) mont-bell サンダーパス ジャケット Women's

Amazonで詳細を見る

モンベルのサンダーパスジャケットは、登山初心者から登山上級者まで幅広い範囲の方に対応したモデルです。ドライテックというモンベル独自の防水透湿性素材を採用した最高のレインウェアです。雨や雪の浸入を防ぎながらも汗ムレの水蒸気もスムーズに外に出すポリウレタンメンブレンを生地に貼りつけた画期的な新しい素材になっています。しなやかな風合いの3レイヤー地を使用し、肩回りのゆったりしたラグランデザインで作られているため、とても動きやすく、快適な着心地を可能なものにしています。価格もリーズナブルで普通の雨ならば問題なく防ぐことができる最高の防水ジャケットです。

パタゴニア

パタゴニアのハードシェルは、パタゴニア独自の素材であるH2Noパフォーマンススタンダードを使用した透湿性・防水性を兼ね合わせています。撥水性も良いので雨天時やトレッキングの時には、風も防いでくれるため重宝します。首まわりは、マイクロフリースで肌に優しくさわりがとても良く暖かく着心地が良いです。プルジップ・プルオーバータイプがあり、プルジップは前の部分だけでなく、脇の部分も大きく開くため体温調節可能なデザインです。プルオーバーは、とても雨風を防いでくれます。特徴の一つには、前部分の大きなポケットです。かなり大きいので簡単な登山食・行動食や小道具など収納できます。標高3000mクラスの登山では大活躍です。

(パタゴニア) patagonia メンズ トレントシェル ジャケット

Amazonで詳細を見る

パタゴニアのトレントシェルジャケットは、軽量でとてもコンパクトな点が最大のポイントです。薄手なのに丈夫で、防水透湿性にとても優れています。登山やアウトドアで、万一何かあった時のためにザックの中に忍ばせておく1枚として、街着としては軽く羽織る1枚として、コンパクトなアイテムとして重宝します。旅行などに持っていっても邪魔になりません。見た目もシンプルでファッション性も高いので活躍の幅がとても広いです。防水・防寒・軽量の三拍子備わっているので、いざという時に助けてくれる1枚です。

登山に欠かせないハードシェルの人気おすすめ10選

モンベル(モンベル) ダイナアクション パーカ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

オールシーズン、どんな天候にも対応可能で、かつ重量はわずか420グラムという非常に万能なハードシェルです。
「ゴアテックスファブリクスの3レイヤー」が雨や雪など登山の敵となる、外界の刺激をシャットアウトします。
肘部分には、立体裁断が採用されているため、曲げ伸ばしが容易な優れたストレッチ性を誇っています。

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE マウンテンジャケット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ファッションブランドとしても、高い人気を誇る「The North Face」のハードシェル。
生地に『2レイヤーゴアテックス®』が採用されているため、しなやかさに定評があります。
どんな状況下でも活躍できる安定性とゆとりのあるデザインにより、高いストレッチ性を誇ります。

HAGLOFS ホグロフス リム3ジャケット メンズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

スウェーデンの大人気アウトドアブランド、ホグロフスからのご紹介です。
素材に「GORE-TEX Paclite」を採用し、高い機能性を保ちつつ、軽量化に成功しました。

(パタゴニア)patagonia メンズ トレントシェル ジャケット 83802 Viking Blue VIK S

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

国内で若者から絶大な人気を誇る「Patagonia」のトレントシェルジャケットです。
他のハードシェルと違いゴアテックスを採用しておらず、自社開発である「H2No」を採用しており、撥水性に長けています。
雨が降り出しても、快適にアクションを起こすことができます。

マムート(MAMMUT) GORE-TEX GLACIER Pro Jacket

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ヨーロッパで絶大な人気と高い信頼を誇る「マムート」のハードシェルです。
登山に欠かせない高い機能性に加え、素材には「GORE-TEX 40D Stretch 3layer」を採用しています。
具体的な機能性として、開閉がスムーズとなる2wayのフロントジッパーやヘルメット対応になっている3方向調整可能なフード、腕を上げても裾が上がらないハイ・リーチ構造などです。

[ザ・ノース・フェイス]オールマウンテンジャケット All Mountain Jacket メンズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

生地に「GORE-TEX(R)C-KNITバッカー」を採用し、耐久性、防水性に非常に優れた性能を誇ります。
3層構造の製造法で透湿性能が万能。
夏から秋にかけての長期縦走はもちろん、オールシーズン活躍間違いなしのハードシェルとなっています。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) M's シャープエンドシェル BD65825

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

さらなる高みを目指す方へおすすめしたいハードシェルです。無駄を極限までそぎ落とした軽量化デザイン、そして高い機能性を誇っています。
そのため、誰が着用してもスピーディー、かつ高いパフォーマンスを発揮できること間違いなしです。
また、素材には「ゴアテックス・プロフェッショナル」を採用し、登山を楽しむすべての方の期待に応えるハードシェルとなっています。

ARC'TERYX(アークテリクス) Beta LT Jacket Men's ベータ LT ジャケット メンズ 18007

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

アウター、リュックなど多岐にわたり高い人気を誇る「ARC’TERYX」のハードシェル。
素材には「3L GORE-TEX Pro」を採用しているため、しなやかでありながらも、高い耐久性を誇っています。

(ノースフェイス) THE NORTH FACE GTX PRO JACKET

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

オールシーズン、どんな天候にも対応可能で、かつ軽量という非常に万能なハードシェルです。
どんな状況下でも活躍できる安定性とゆとりのあるデザインにより、高いストレッチ性を誇ります。

モンベル(モンベル)M’s ストリームパーカ (レッド/M/Men's)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

素材に「GORE-TEX Pro」を採用しており、435gと軽量な文句なしのハードシェルです。
デザイン、耐久性、快適性がそろった優良モデルです。

自分にあったハードシェルを選ぼう!

いかかでしたか?一口にハードシェルと言っても、様々な種類があります。
ハードシェルを選ぶ基準はたくさんあるので、ぜひ自分あったハードシェルを探してみてください。

関連リンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。