2018年6月2日

【初心者必見!】ロードバイク用ビンディングシューズの選び方と人気おすすめ14選!

ロードバイクには欠かせないビンディングシューズ。
“カチッ”と装着音を聞くたびに、心が引き締まり“どこまでも走れる”そんな気持ちの高揚を感じることができる。
ビンディングシューズがサイクリングに与えてくれる効果は“走行性・体力保持”と、ロードバイクに必須の条件を満たしてくれます。
そこで今回は人気が高く、おすすめビンディングシューズ10選紹介します。

ビンディングシューズとは

ビンディングシューズのメリット

ロードバイク用ビンディングシューズの最大のメリットは”ペダリングの効率が上がる”ことです。
ビンディングシューズとペダルが一体化することで、ペダルを引き上げる際に無駄な力を使う事なく、効率の良い回転が可能になります。
特に山を登るヒルクライムでは、その効果は顕著に現れ、傾斜度の高い山道では“ビンディングシューズがなければヒルクライムは出来ない”と言っても過言ではありません。楽にペダルを回転させながらも体力を温存できる、ロードバイクには必須のアイテムです。

ビンディングシューズのデメリット

ビンディングシューズのデメリットは、まず“歩きづらさ”です。ビンディングシューズの底には、ペダルと固定させるためのクリート(留め具)が付いています。
このクリートが靴底から出っ張る構造となっているので、歩く際に足の前方が上がる姿勢になってしまいます。
特に階段等を登る際には気をつける必要があります。その他のデメリットは、ビンディングシューズとペダルの脱着に慣れるまでに、転倒(立ちゴケ)の確率が高いということです。
しかし、脱着に慣れてしまえば転倒はデメリットとは思わなくなります。

ビンディングシューズの選び方の4つのポイント!

ビンディングシューズのタイプ4つ紹介し、選び方のポイントも合わせて紹介いたします。

クリートタイプ(ペダルの種類)で選ぶ!

ビンディングシューズを選ぶ際にまず注意しなければいけないのが、対応しているクリートタイプの確認です。
ペダルにシューズを固定するためのクリートは、大きく分けると2穴タイプと3穴タイプがあります。
一般的なのが3穴タイプで、シマノのSPD-SLを筆頭に、ルックやマヴィックのクリートがこれに該当します。
特徴は、固定力が高く、ペダリングのパワーロスが少ないことです。

2穴タイプは、MTBや通勤用、街乗り用として使われることが多いです。
シマノのSPDというタイプがこの2穴タイプにあたり、ペダルからの脱着が簡単で、またクリートをつけたままでも歩きやすいのが特徴です。

このほかに、スピードプレイの4穴タイプのクリートといったものもあります。
自分の走り方にあったクリートタイプを選び、そのクリートを使うことができるビンディングシューズを選ぶ必要があります。

結び方で選ぶ

シューレースタイプ

シューレースタープは、他のタイプのビンディングシューズとは違い、見た目は一般的なスニーカー。
普通のスニーカーを履くように、紐を締めて足にフィットさせます。ファッション性も高く、カジュアルなスタイルです。
シューレースタイプは、多くの場合PSDペダル仕様(マウンテンバイク用に開発されたペダル)になるので、ロードバイクに最適なSPD-SLペダル仕様のビンディングシューズよりも遥かに歩きやすくなります。

ベルクロタイプ

ベルクロ(マジックテープ)でフィット感を調整するビンディングシューズです。マジックテープなので、シューレースタイプの様に紐を結び直す必要もなく、脱着は非常に楽です。
ベーシックな作りなので、価格は手頃なものも多く、ロードバイク愛好者が“最初のビンディングシューズはベルクロタイプだった”という声も多く聞かれます。
“ベルクロだと使ううちに接着が悪くなるのでは”と心配する人もいますが、質はしっかりとしているので走行中にベルクロがずれてしまうような事はありません。

ラチェットタイプ

ラチェットタイプは、足の甲をベルクロで固定し、足首をバックルで締めフィットさせます。ベルクロのみのビンディングシューズに比べると、足へのフィット感・固定感は優れています。
しかし、走行時に“フィット感を調整したい”と思った時に若干手間がかかるのもラチェットタイプの特徴でもあります。
ベルクロタイプと同様に、初心者にも人気のあるタイプのビンディングシューズです。

ダイヤルタイプ

ダイヤルタイプは、その名の通りダイヤルを回して足にフィットさせるタイプのビンディングシューズです。脱着と調整が非常に楽なのがダイヤルタイプの特徴。
今ではプロのみならず、多くのホビーライダーも、このダイヤルタイプを使用しています。デザインにはダイヤルが1個のものと2個のものがありますが、2個あるビディングシューズの方が“より良いフィット感”を実感できます。

フィット感で選ぶ!

クリートタイプが決まったら、次にビンディングシューズで重要なフィット感を確かめましょう。足とシューズがフィットしていないと、ペダリングの効率が悪くなりますし、そもそも長時間履き続けることができないからです。

まず、ビンディングシューズはメーカーによって足型が異なります。主要メーカーであるシマノは幅広、フィジークやGIROはやや細身の傾向があります。履き比べて、自分の足に合うメーカーを探してみましょう。

そして、ビンディングシューズのフィット感を決定するのが、シューズの締め方です。これは大きく分けて4つ、ベルクロ方式、ラチェット方式、靴ひも方式、ダイヤル方式があります。

一番簡易的なベルクロ方式はエントリーモデルのシューズに採用されていることが多く、脱着は容易ですが微妙な調整はできません。ハイグレードモデルに採用されているダイヤル方式は、価格は高くなりますが、非常に細かいところまでフィット感が調整できます。

軽さで選ぶ!

しっかりとフィット感が得られるビンディングシューズがいくつか見つかったのなら、次に注目してほしいのがシューズの重量、つまり軽さです。

ランニングではシューズの軽さが走りに影響することが容易に想像できますが、実はロードバイクでもシューズが軽いほど走りやすくなります。
ペダリングはペダルを踏み込むだけでなく、逆の足はペダルに足の重さがかからないように引き上げる必要があるからです。

この足の重さには、シューズの重さも加わっているため、シューズが軽ければ軽いほど、軽快にペダルを回すことができます。

デザインで選ぶ!

上記3つのポイントをおさえたら、最後はやはりデザインが大切になってきます。
やはりハイエンドモデルほど見た目もスタイリッシュで、使われている素材も高級感があり、身に着けることでテンションがあがります。

シマノ、フィジーク、GIRO、MAVICなど各メーカーはそれぞれデザインに個性がありますから、自分の好みと合致するメーカーを探しましょう。

2つめのポイント「フィット感で選ぶ!」で紹介した、ベルクロ方式、ラチェット方式、靴ひも方式、ダイヤル方式もビンディングシューズのデザインに大きく関わってきます。フィット感の調整もしっかりできて、見た目もクラシックな靴ひも方式は最近人気が高くなっています。

おすすめのビンディングシューズメーカー10選

シマノ

シマノといえば、誰もが知る世界最大の自転車パーツブランド。
シマノは様々なデザインのビンディングシューズを製造している。値段が安価なものでも十分な性能を発揮してくれる、信頼性の非常に高いブランドです。

GIRO

GIROはアメリカのサイクリング用品を製造する大手ブランド。GIROが作るヘルメットやビンディングシューズは、そのデザイン性・クオリティの高さから、世界のトップライダー達からも愛用されている信頼できるブランドです。

Fizi:k(フィジーク)

フィジークは、高品質なサドルを製造するイタリアのハイエンドブランドです。サドルのみならず、フィジークが作るビンディングシューズは、見た目のカッコ良さだけでなく、品質も高いと定評あります。

Gaerne(ガエルネ)

ガルエネはイタリアのスポーツ用フットウェアブランドです。
ハンドメイドでハイクオリティなビンディングシューズを製作しています。高価ですが、ハンドメイドでしか出せない繊細さや、快適な履き心地を実現しています。

MAVIC(マビィック)

マビィックはフランスの自転車パーツを製造するブランドです。ビンディングシューズの縫製など、細かいところまで綿密にできていると評判の品質。少し幅が狭く、甲が低い設計になっています。

NORTHWAVE

NORTHWAVEはイタリアのスポーツシューズウェアブランドです。
高機能かつ最先端のビンディングシューズは多くのトップライダー達にも愛用されている。軽量で高品質だが、価格がお手頃なモデルです。

DMT

DMTは、靴作りの本場、イタリアで創業されたブランドです。デザイン・素材・技術を誇りとし、高品質なビンディングシューズを製作するために、イタリア産というこだわりを持つ信頼性の高いのが特徴です。

SIDI

SIDIはイタリアのシューズメーカーです。
多くのプロライダー達に愛用されており“使い始めから抜群のフィット感”で広く知られる、性能と快適性の高いブランドです。

SANTIC

SANTICは安価で自転車用品が購入できるブランドです。安価なアイテムが多いので、初心者でもビンディングシューズからジャージまで、気軽に揃える事ができます。

CHROME

CHROMEはメッセンジャーバッグや、ファッション性に富んだアパレルを製造するアメリカのブランドです。日常的に使える、カジュアルなシューレースタイプのビンディングシューズも製造しています。

初心者におすすめのビンディングシューズ14選

シマノ RP1 SPD-SL/SPD両対応 ビンディングシューズ グラスファイバー&強化ナイロンソール ブラック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

クラシックなデザインのベルクロタイプ・ビンディングシューズです。
SPD-SL/SPDクリート両対応なので、クリートを変更したい場合、新しいシューズを買う必要がありません。
値段も手頃なので、初心者におすすめです。

シマノ ビンディングシューズ SH-RP300MW ホワイト 40(25.2cm)〜45(28.5cm) SPD

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ラチェットタイプ、SPD-SL/SPDクリート両対応のビンディングシューズです。
履き心地が快適なだけでなく、シマノ独自の研究結果を元に高効率なペダリングを実現させる、コストパフォーマンスの高いおすすめビンディングシューズです。

SHIMANO(シマノ) RC900Y S-PHYRE SPD-SLビンディングシューズ イエロー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

シマノの最先端技術を駆使し“高剛性・軽量化・耐久性”に優れたハイエンドモデルです。
ライダーの足にあった設計と湾曲したインソールで、フィット感も最高のおすすめビンディングシューズです。

シマノ グレー SH-SD500G ビンディングシューズ ロードバイク サンダル メンズ SPD

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

真夏にはぴったりのSPD対応ベルクロタイプのサンダルです。
一般的なビディングシューズに比べると、ペダリング効果やフィット感は劣るが、サイクリング感覚での走行にはおすすめのビンディングシューズです。

フィジーク(FIZIK) R5B UOMO ロードシューズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ベルクロが一箇所と、微調整が可能なBOA IP1が1個付いています。短距離から長距離まで心地よくサイクリンができる、おすすめのビンディングシューズです。

(ジロ) Giro メンズ 自転車 シューズ・靴 Apeckx II Road Cycling Shoes - 3-Hole [並行輸入品]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

鮮やかな赤が、より一層シューズのデザインの良さと高級感を引き立たせる、クールなラチェットタイプビンディングシューズです。
2つのベルクローとバックルで調整するので、フィット感に定評があります。

GIRO (ジロ) RUMBLE VR サイクルシューズ Men's SPD 対応 [並行輸入品]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ビブラムソール採用で、歩きやすいだけでなく、走行でもハイパフォーマンスが可能なSPD対応のシューレースタイプ・ビンディングシューズです。
GIROのロゴが入ったシンプルでカジュアルなデザインが特徴です。

シディ ビンディングシューズ ジェニウス GENIUS 7 MEGA BLK/BLK

Amazonで詳細を見る

SIDIのロゴがバックル・サイド・バックに入ったクールなラチェットタイプのビンディングシューズです。
日本人に多く見られる幅広の足に合うMEGAシリーズモデルです。ナイロンとカーボン繊維のコンポジットソールで、しなりと剛性のバランスが抜群のおすすめシューズです。

シディ カオス KAOS YEL-Fluo ビンディングシューズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ダイアルとバックルで調整するタイプのビンディングシューズなので、微調整も細かくでき、安定したフィット感があります。
SIDIブランドのビディングシューズは性能だけでなく、デザイン性も抜群のコストパフォーマンスに優れたおすすめシューズです。

[クローム] CHROME 自転車シューズ KURSK PRO

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

メッセンジャーや通勤・通学のための使用を考慮して設計されているので、1日を通して着用できるストリートタイプのSDPビンディングシューズです。
歩きやすさに優れているので、初心者でも安心して使用できておすすめです。

MAVIC(マヴィック) FOOTWEAR キシリウム エリート MAXI(幅広)ロードシューズ ホワイト/ブラック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

シンプルなデザインのSPD-SL対応のラチェットタイプ・ビンディングシューズです。靴の幅が広くできているので、幅広の足の方にはおすすめです。

NORTHWAVE(ノースウェーブ) SONIC 2 <ブラック/ホワイト/イエローフルオ> ロードシューズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ベルクロタイプのSPD対応ビンディングシューズです。ベルクロが3本あるので、足への負担を軽減し、より良いフィット感を実感できます。
5つのベントで通気性も抜群。ロングライドにも適したおすすめのビンディングシューズです。

【サンティック】Santic メンズ ビンディングシューズ ロード シューズ ロードバイク 自転車 SPD-SL

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

迷彩色がおしゃれなラチェットタイプのビンディングシューズです。
通気性もよく、初心者でも疲れにくいソール採用で、長時間のライドも安心です。

【サンティック】Santic メンズ ビンディングシューズ カーボンソール 超軽量 ロードバイク シューズ SPD-SL 2A

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

SPD/SPD-SL対応のダイアルタイプ。
人気のダイヤルタイプでありながらも非常にお手頃な価格、しかも機能性も高く評判が良いのが最大の魅力です。

自分にあったビンディングシューズを選ぼう

ビンディングシューズは、カジュアルなものから本格的なものまで、用途も目的も様ざまです。
しかし、一番重視されるのは”履き心地”であることに間違いはありません。
自分に合ったビンディングシューズを探して、心地よく最高のサイクリングを楽しみましょう!

関連リンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。