Reborn myself 料金
2018年5月31日

【60日後も続けられる食事!】Reborn myselfの食事制限を徹底解説!

Reborn myselfで行われている食事制限の内容について、厳しい印象がある人もいるでしょう。しかし、Reborn myselfの食事制限の具体的な内容や、Reborn myselfのダイエットに取り組む際の考え方について理解すれば、決して厳しすぎるわけではないことがわかります。

この記事ではReborn myselfで行われる食事制限の内容や期間について詳しく紹介します。

Reborn myselfはどんなジム?

Reborn myselfは女性専用のダイエットジムです。女性らしい美しいスタイルを追求するためのスポーツジムとしてReborn myselfは知られています。

通常のジムだと男性と女性が混ざってトレーニングをしているため、男性向けのトレーニングを女性が行ってしまう可能性がありますが、Reborn myselfでは女性のためだけに開発されたダイエットプログラムが提供されます。

そのため、トレーニングや食事制限の内容に不安を抱くことなく、ダイエットに取り組めます。



【女性専用ダイエットジム!!】Reborn myselfのトレーニング内容

Reborn myselfでの食事制限とは?

Reborn myselfでは無理のない食事制限が行われます。

女性の美しさは食べることのできない苦しみによって奪われてしまうと考えているため、食事制限によって自分の好きな食べ物を奪うのではなく、上手な食事管理する方法を教えてくれます。

また、Reborn myselfでは、「60日後も続けられる食事」をテーマにしているため食事管理や制限の仕方についても教えてくれます。リバウンドを防ぐためにもReborn myselfの食事制限は非常に効果的です。

食事制限の内容

Reborn myselfによる食事制限の指導方法は厳しすぎることはありません。

長期間にわたって食事制限を行うことを視野に入れているため、無理のない指導方法を提案してくれます。Reborn myselfのトレーナーが手厚いサポートをしてくれるため心強いです。

ダイエットするために、炭水化物や脂質を食べないようにする人がたくさんいますが、Reborn myselfの食事制限では炭水化物や脂質を排除することはありません。

筋肉をつけ、基礎代謝を増やしながら脂肪を落とす食事方法を教えてくれるため、理想の体を維持することができます。

リセット期間を設ける

Reborn myselfのリセット期間とは、ダイエットを始めた初日から数えて5日間で、今まで習慣となっていた乱れた食生活をリセットします。

この期間に食べられることができるのは、野菜・卵・フルーツ・スープ類などの淡白な食事です。

しかし、このリセット期間には肉や野菜を食べることはできませんが、リセット期間が過ぎれば肉や野菜を食べながら、無理のない食事制限を行うことができます。

低糖質・低GI

Reborn myselfで提供される食事は、低糖質で低GIです。

GIとは、血糖値の上昇具合について表す値で、低GI食品とは「血糖値が上がりにくい食品」のことを意味しています。

具体的には、野菜やフルーツなどが低GI食品に含まれます。基本的にはReborn myselfで提供されている食事方法は、低糖質で低GI、つまり、血糖値が上がりにくい食事であることがわかります。

ダイエットをしている人に続けやすく心強い食事方法が提供されます。

指導方法

トレーナーに報告システム

Reborn myselfでは食事内容についてトレーナーに報告するシステムが設けられています。

そのため、Reborn myselfに通っている間に食べた食事内容について、ファイルにしっかりとを記入しなければなりません。

そして自分が食べた献立を記入したファイルをReborn myselfのトレーナーにチェックしてもらいます。

Reborn myselfの健康管理ファイルには献立だけではなく、毎日の起床時間や食事の時間まで書かれています。

他にも、ダイエットに向いている食材とダイエットに向いていない食材について詳しく記載されているため、料理を作る際のメニューを考える時に健康管理ファイルを見れば、どんな食材がダイエットに適しているのか判断しやすくなります。

糖質コントロール

どんな食事制限をしているとしても、糖質コントロールをするのは重要なことです。

糖質コントロールは、ダイエットにもつながります。炭水化物を食べると必然的に血糖値が上がり、中性脂肪を増やす原因となるインスリンが体内で分泌されます。そのうえ、インスリンが分泌され続ければ脂肪が燃焼されにくい体質になってしまう可能性があるため、糖質コントロールをすることがダイエットをする上で大切です。

メリット

糖質コントロールをすることには多くのメリットがあります。

具体的にどんなメリットあるのか詳しく紹介します。

間食が我慢できる!

糖質コントロールする最初のメリットは、間食が我慢できることです。

糖質制限=何も食べないと考えている人がいますが、それは間違いです。よく調べて糖質が少ない食事を食べるようにするのが糖質コントロールであるため、常に空腹感を抱えるのではなく、糖質のコントロールされている食事をしっかり食べることができます。

結果として、間食が我慢できるようになりダイエット効果が現れます。

体質が変わる!

糖質コントロールをすることにより体質が変わります。

糖質コントロールされた食事を取ることにより、基礎代謝が活発になる体質へと変わっていきます。

コントロールされた糖質を効率よく体が燃焼でき基礎代謝が上がれば、糖質が脂肪に変わりにくくなります。

しかし、糖質をコントロールしない食事を摂取していると、基礎代謝以上の糖質を取り入れてしまい、脂肪になってしまいます。

デメリット

糖質コントロールで得られる多くのメリットについて理解しました。

しかし、糖質コントロールにはメリットだけではなく、デメリットもあるのが事実です。糖質コントロールの具体的なデメリットについて詳しく紹介します。

必要な栄養までなくなってしまう

糖質コントロールを行う最大のデメリットは、必要な栄養までなくなってしまうことです。

本来、人間の体が必要としている糖質や食物繊維などは糖質コントロールすることによって少なくなってしまう可能性があり、体にだるさを感じたり、無気力になってしまう症状が出ることがあります。

糖質をコントロールするのであって、全く食べなくするのではない、ということも覚えておきましょう。

食べていい食材

糖質コントロールを行っていても、肉や野菜などは食べることができます。糖質コントロールの時に肉は食べてはいけない食材だと思い込んでいる人もいますが、肉はどの部分であっても糖質量が比較的に少ないです。

そのため、糖質コントロールをしている時でも、意外と肉を食べることができます。野菜も糖質コントロール中でもたくさん食べることができますが、キャベツや大根には他の野菜よりも多く糖質が含まれているため、糖質が少ない野菜をしっかり選ぶ必要があります。

ほうれん草やモロヘイヤ、もやしの糖質は非常に低いのでおすすめです。

Reborn myselfの食事制限で無理なくダイエット

Reborn myselfでの食事制限は「60日後も続けられる食事」をテーマとして掲げているため、誰でも無理なく続けられる食事制限です。

ダイエットに自信のない人でも、Reborn myselfでの食事制限やリセット期間を上手に活用すれば、減量に成功する可能性を高めることができるはずです。

ぜひ、Reborn myselfでの食事制限で無理なくダイエットを行いましょう。

合わせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。