サッカー fw
2018年5月29日

サッカーにおけるFW(フォワード)の役割と世界的有名選手を徹底解説

サッカーのポジションで一番得点に絡む機会が多いFW(フォワード)というポジションについて紹介していきます。
「フォワードって点を取ればいいポジションでしょ?」と思われている方もいるかもしれませんが、実はフォワードは「攻撃・得点を取る」だけのポジションではないのです。フォワードの中でもポジションはいろいろあります。もちろん、それぞれのポジションによって求められる能力、役割も異なります。

また、現代サッカーでは攻撃だけではなく、「守備」としての役割も非常に求められるようになってきました。
今回は、そんな「フォワード」について、いろいろな角度から紹介していきます。
サッカーを始めたばかりの方や、サッカーのポジションについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。
サッカーにおけるDF(ディフェンス)の役割と世界的有名選手

FMの意味

サッカー fw
FW(フォワード)とは、一言で「前線で得点に絡む攻撃的な役割を果たすポジション」といえます。
ただ、フォワードは「得点・攻撃」としての意味合いが強いポジションですが、それだけではなく、「守備」も非常に求められるポジションです。
例えば、日本代表の岡崎慎司選手をイメージしていただくとわかりやすいと思います。
岡崎選手は、フォワードというポジションですが、前線からの積極的な守備、あるいは自陣のディフェンンスラインまで下がって守備をすることもあります。
多くの方が「自分、自分」と得点のためにエゴを前面に出す選手がフォワードに向いていると思われがちですが、現代サッカーではチームにとって献身的なプレーをする能力もフォワードとしては求められます。

FWの役割とは?

フォワードの役割としては、まずゴールを決めることは当たり前の役割ですよね。ただゴールを決めるといっても、綺麗なゴールでも岡崎慎司選手のような泥臭いゴールでも得点をとる、結果を出すことがフォワードとしての役割でもっとも大事なことです。
また、それ以外にも「スペースへ走り出す役割」、得点シーンを作り出すための「チャンスメイクとしての役割」、攻撃の起点となる「ポストプレーとしての役割」などがあります。

中でも「ポストプレーとしての役割」は、FW(フォワード)として非常に大事な役割です。ポストプレーとは「くさび」ともいいますが、相手チームのディフェンスを背負って、おとりになる役割です。日本代表では大迫勇也選手が得意です。
このポストプレーとしての役割をこなせる選手がいることで、味方のボランチやディフェンスがターゲットとなるフォワードへ縦パスやロングパスを配給しやすくなります。これでチャンスが生まれやすくなります。

また、攻撃面だけではなく、現代サッカーでは前線からのプレッシング、後ろへ下がっての守備なども役割としては非常に大事になります。

FWの種類

センターFW

文字通り、真ん中に位置するフォワードのことをセンターフォワードと呼びます。センターフォワードは、「決定力のある選手・高さのある選手」を配置するケースが多いポジションです。高さがある選手を配置する理由としては、ロングボールを出したときにターゲットになりやすいからです。試合時間がなく、負けているときは、パワープレーでディフェンスラインの選手をセンターフォワードとして使うケースもあります。

サイドFW

文字通りサイドに位置するフォワードをサイドフォワード、またはウイングフォワードと呼びます。スピードのある選手、ドリブルで突破する力のある選手を配置するケースが多いポジションです。

レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド選手は、左ウイングフォワードで出場する機会が多く、左サイドからスピードにのったドリブルでの突破力は並外れていますが、それ以上に、中へカットインし、得点する力、つまり「決定力」がずば抜けています。最近では、「決定力」もウイングフォワードとしては求められる役割です。

セカンドトップ

セカンドトップとはセンターフォワードより1列後ろに下がったポジションをいいます。つまり、センターフォワードとトップ下(オフェンシブミッドフィルダー)の間に位置するポジションのことです。セカンドトップは、フォワードとして得点も求められるポジションですが、トップ下としての役割も求められるポジションです。

具体的には、ゴールを決める「決定力」はもちろんのこと、「ポストプレー」、パスを出しチャンスメイクをする役割などフォワードの中では多くの役割が求められるポジションです。

世界的に有名なFW

クリスティアーノ・ロナウド選手(レアル・マドリード)

まずはレアル・マドリード、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手です。皆さんもご存知だと思いますが、クリスティアーノ・ロナウド選手は、バロンドールを5度受賞している世界的に有名なサッカー選手です。レアル・マドリードでは左ウイングフォワードとして起用されることが多いです。クリスティアーノ・ロナウド選手は一言で万能型のフォワードといえます。

具体的には、トップスピードにのったドリブル、中へカットインしてからの強烈なシュート、サイドからのクロスに合わせるヘディング能力などフォワードとして必要な能力を全て兼ね備えた選手です。

また、なによりも8シーズン連続で40得点以上を決めたりと「決定力」がずば抜けています。

出典:youtube.com

リオネル・メッシ選手(バルセロナ)

続いては、バルセロナ、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ選手です。こちらも、クリスティアーノ・ロナウド選手とよく比較される世界最高峰の選手の一人です。ちなみにメッシ選手もバロンドールを5度受賞しています。メッシ選手は、ロナウド選手と比較するとフォワードとしての高さはないですが、ウイングフォワードとしては抜群のセンスをもった選手です。

具体的には、トップスピードにのったドリブル、スピードにのってもボールをロストしないボールコントロール能力、足元のテクニック、抜群の決定力、オフザボール(ボールを持っていないとき)の動きなど、攻撃としてのセンスは世界一です。

アルゼンチン代表が2018年ロシアW杯最終予選で出場できるかどうか瀬戸際だったときに「エクアドル戦」で決めたハットトリックはすごかったです。

メッシ選手もクリスティアーノ・ロナウド選手同様、「決定力」はずば抜けています。

出典:youtube.com

ロベルト・レヴァンドフスキ選手(バイエルン・ミュンヘン)

最後はバイエルン・ミュンヘン、ポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキ選手です。2018年、ロシアW杯で日本代表と対戦することで注目されている選手の一人ですね。レヴァンドフスキ選手は、クリスティアーノ・ロナウド選手やメッシ選手と違い、センターフォワードとして起用される機会が多いです。
ポストプレー、ターゲッターとしての役割はもちろん、ゴールを決める決定力、ゴール前へ走り込むタイミング、足元の技術などセンターフォワードとして求められる能力を網羅している万能型センターフォワードといえます。

ポーランド代表では歴代最多得点記録を保持しており、絶対的なエースとして君臨しています。
日本代表は、このW杯でレヴァンドフスキ選手を抑えられるかどうかで勝敗が変わってくるでしょう。

出典:youtube.com

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、フォワードの意味や役割について、最後にはフォワードとして世界的に有名な選手を紹介していきました。もちろん、フォワードは得点という結果を出せば評価をされるポジションです。

ただ、現代サッカーでは、ゴールを決めればいいというわけではなく、守備やチャンスメイクなど、攻撃以外の役割を求められることが多いポジションが、このフォワードです。

クリスティアーノ・ロナウド選手やメッシ選手、レヴァンドフスキ選手は攻撃のセンスはもちろんありますが、この守備も疎かにせず、プレーしています。なので、偉大な結果を残し続けています。

今回の記事を通して、フォワードというポジションについて、より理解が深まれば幸いです。

合わせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。