クロストレーナー おすすめ
2018年5月10日

【自宅で簡単トレーニング!!】クロストレーナーの選び方と人気おすすめ10選

クロストレーナーは、ジムなどにある、足をペダルにつけたまま前後させ、同時に手を動かす、最近注目のトレーニングマシンです。今回は家庭でも手軽に始められるクロストレーナーの選び方と人気おすすめ10選を紹介します!

クロストレーナーが気になっている方はぜひスピンバイクもチェック!
【2018年最新版】スピンバイクの選び方と人気おすすめ9選

クロストレーナーの選び方のポイント

クロストレーナー おすすめ

クロストレーナーで得られる効果

クロストレーナーで得られる効果は、ランニングマシン以上のカロリー燃焼が得られることです。また、足をペダルにつけたままでの運動なので、膝や足首の関節に負担をかけないで、効果的な運動ができます。そして、腕を動かすことで、全身を使った有酸素運動も行えます。ほかにも、自分でペダルをこぐため、運動のペースを自分でコントロールできることなどのメリットが挙げられます。

クロストレーナーで鍛えられる筋肉

脂肪燃焼の高い効果が注目されるクロストレーナーですが、ダイエット効果だけではありません。クロストレーナーはランニングやウォーキング、階段の昇降などと同じような運動が取り入れられているため、下半身の筋肉や関節、腱を負担なく鍛えることができます。また、足と同時に腕を動かすことで、腕や肩、胸、背中の筋肉なども使います。過度な負担がなく、全身を使った有酸素運動ができるのがクロストレーナーです。

クロストレーナーの使い方

他のマシーンと比べ体への負荷が少ないクロストレーナーですが、使い方を間違えると効果が上がりません。1回20~45分を目安に、週3~5日の使用がおすすめです。毎日欠かさず1時間以上!などの過度の使用は、効果がなくなることがあります。運動自体も、激しく早く行う必要はありません。軽い速足くらいのイメージで取り組みましょう!クロストレーナーは、負荷が少なく、安全にかつ、大きな運動効果を得られるマシーンです。

クロストレーナーの人気おすすめ10選

鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) スカイ ウォーカー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

とりあえずクロストレーナーを始めてみようかな、という人におすすめのクロストレーナーが鉄人倶楽部スカイウォーカーIMC-18です。1万円台とクロストレーナーの中でも低価格帯ですが、手と足の連動運動や、ステップに足をのせて動かすなど基本的な機能は十分に備わっています。心拍数などは計測できませんが、カロリーなどの表示はできます。折り畳み式なので、収納にも便利で、初心者向きのクロストレーナーです。

立った状態でのクロストレーナー運動に向いているのが、空中散歩エアーウォーカーです。クロストレーナーのように、手と足を連動させて前後に動かす運動のほかに、固定されたハンドルを握り、両足を左右に開く運動もできます。お手頃価格なので、気軽に始めることができるクロストレーナーです。心拍数などは測れませんが、カロリーや時間、回数などを表示するディスプレイがついています。

アクセスジャパン サイクルツイスタースリム

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

筑波大学大学院監修のクロストレーナーマシンが、サイクルツイスタースリムです。1日たった10分で、効果が実感できます。下半身と上半身のバランスの良い運動が、ふともも、お腹、ふくらはぎ、二の腕、おしり、背中に効果があります。軽量でコンパクトな設計で、耐久性も抜群!手軽な価格ですが、負荷は無段階調整です。心拍数などは測れませんが、モニターに速度、時間、距離、消費カロリーが自動表示されます。

DYACO(ダイヤコ) 家庭用クロストレーナー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

DYACO(ダイヤコ)は、クロストレーナーのメーカーとして有名ですが、SE155-30は、家庭用コンパクトサイズ向けのクロストレーナーです。折り畳み式ではありませんが、あまり場所を取りません。8段階の負荷設定や、ディスプレイには、目標プログラムや、現在の消費カロリー、心拍数などの情報表示、測定ができるようになっています。初心者からヘビーユーザーまで幅広い支持を得ているクロストレーナーです。

Horizon(ホライズン) クロストレーナー エリプティカル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ジョンソンヘルステックはクロストレーナーのメーカーとして有名ですが、ANDES3は、価格がちょっと高めです。その分、丈夫で壊れにくく、顧客満足度が高いクロストレーナーです。
折り畳み式で、負荷を16段階に設定することができます。ディスプレイに、時間、スピード、消費カロリー、心拍数などが表示されるので、自分に適したトレーニングを行うことができるクロストレーナーです。

3種類のトレーニングポジションを実行できるのが、ダイコーのエプリティカルバイクDK-8509Hです。クロスカントリーのような立った状態でのトレーニングや座った状態でのクロストレーニング、軽度な「ながら運動」などを行えます。ポジション調整や、体格に合わせたシートアレンジ、8種類の負荷調整が可能で、トレーニングの効率もアップすること間違いなし!
心拍数や目標設定を表示するパネルもついています。

電動式で32段階の負荷調整機能をもっているのが、ダイコーの電動マグネット式32段階負荷エリプティカルバイクDK-8900です。外部電源を利用するため、価格以上の機能が備わっています。あらかじめ設定した目標心拍数を維持するよう自動的に負荷レベルが変動するHRCや、一定間隔で負荷レベルが変化する12パターンのプログラムなどが組み込まれています。
リハビリから上級者レベルまで対応したクロストレーナーです。

ダイヤコ フィットネスバイク

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ダイヤコの上級機種が、フィットネスバイクSE205-43クロストレーナーです。中価格帯ながら、ハイエンドな性能をもち、本格的なエクササイズを体験できます。
コントロールパネルには、24のエクササイズプログラムが用意され、負荷レベルも1~24まで設定可能です。ハンドルセンサーで心拍数を測り、目標値に設定することができます。見やすいパネルには、心拍数や時間、距離、カロリーが表示されます。

Johnson Health Tech Horizon クロストレーナー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ジョンソンヘルステックの上級機種が、Horizon クロストレーナー ANDES 7i viafit になります。
インダクションブレーキが、30段階の負荷を瞬時かつ正確に変更し、年齢とセンサーが測定した心拍数から現在の運動強度を表示します。運動履歴を自動的に記録するviafitに対応し、体力テストやインターバルなどの14のプログラムが用意されています。折り畳み式で、コンパクトな収納が可能なクロストレーナーです。

本格的にクロストレーナーに取り組もうと考えている人におすすめなのが、カイザーのM5ストライダークロストレーナーです。ジムなどに置いてあるクロストレーナーに匹敵するだけの機能を備えています。アルミホイール使用で軽量化を図り、体力のない人や女性の方も使用できるようになりました。24段階の負荷調整、時間、距離、回転数、カロリー、負荷などのほか、心拍数もチェックできます。

自分にあったクロストレーナーを選ぼう

いかがでしたでしょうか?コストを抑え、最低限の機能を備えたクロストレーナーから、機能満載のクロストレーナーまで幅広く紹介しました。上記を参考に、無理のないクロストレーニングライフを楽しみましょう!!

合わせて読みたい!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

※承認後に表示されます。