トレラン レインウェア おすすめ
2018年4月26日

超軽量!トレランにおすすめの人気レインウェア10選

トレラン(トレイルランニング)で着用するレインウェアのポイントと言えば、軽量性がまず頭に浮かぶかもしれません。しかし、トレランの特性上、速乾性や防水性、そして通気性も大事なポイントです。そこで今回は、トレランのレインウェアを選ぶ際の3つのポイントと人気メーカー、モンベル、ノースフェイスなどから人気のおすすめレインウェア8選をご紹介します。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 [ザ・ノース・フェイス]ストライクトレイルフーディ Strike Trail Hoodie メンズOMM(オリジナルマウンテンマラソン) OC083 Aether Jacket UK-M BlackMONTANE モンテイン ミニマス777ジャケット メンズ GMM7JAF838(マムート)MAMMUT アウトドア ジャケット エアロスピード ジャケット 1010-25311 [メンズ]Teton Bros(ティートンブロス)Breath Jacket L BlueNORRONA Bitihorn Dri1 Jacket Men's 4304-12 Cool Black/Bedrock MOUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ) メンズ ヘリウムハイブリッドフーデッドジャケット 19841790mont-bell バーサライトジャケット 1128291 [メンズ]
購入先 Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天Amazon楽天

トレラン向けレインウェアの人気おすすめ8選

[ザ・ノース・フェイス]ストライクトレイルフーディ Strike Trail Hoodie メンズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

耐水圧20,000mmと、十分高い性能を持ったトレランにもおすすめのレインウェアです。Lサイズで110gという重さで、ザ・ノース・フェイスのレインウェアラインナップの中でもトップクラスの軽さ。着ていても重さを感じません。独自素材の7デニールの超極薄3層素材ハイベントフライウェイトを使用しており、防水性はもちろん人間工学を基に設計された仕上がりで動きやすさも抜群です。

OMM(オリジナルマウンテンマラソン) OC083 Aether Jacket UK-M Black

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

重量は200gなので他のトレラン向けレインウェアと比べ少し重いですが、機能面は非常に優れています。一番の特長は透湿性の高さ。雨が降っても、内部で汗をかいてもウェア内は快適空間を保ちます。生地は柔らかく、着心地も考えつくされた立体裁断が施され、どんな環境下でもストレスを軽減してくれます。フードも被りやすく袖口も自由に調整可能など、細かな部分まで考え尽くされたおすすめの一着です。

MONTANE モンテイン ミニマス777ジャケット メンズ GMM7JAF838

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

耐水圧20,000mm、速乾性にも優れているレインウェアです。表地は7デニールの極薄ナイロン、中間層は7ミクロンのラミネートフィルム、裏地は7デニールのトリコットメッシュ。肌触りの良い3レイヤー仕様で、汗をかいた時でもベタつきを抑えトレランにおすすめです。とても軽量な上にパッカブルタイプなので携帯にも便利で、走っていても邪魔になりません。

(マムート)MAMMUT アウトドア ジャケット エアロスピード ジャケット 1010-25311 [メンズ]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ストレッチ性がよく、トレランなど激しい運動をする際におすすめのレインウェアです。重さ188gと軽量化を実現しつつ、3レイヤージャケット構造で肌へのベタつきも軽減。耐水圧20,000mmでフロントは止水ファスナー、サイドポケットは止水コンシールファスナーを採用するなど防水性も問題ありません。裾やドローコードは片手で調整できるのもうれしいポイントです。

Teton Bros(ティートンブロス)Breath Jacket L Blue

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

素材にPolartec Neoshellを採用し、透湿性が高く着ていても軽快性を損なわないレインウェアです。斜めに開くジッパーが印象的なデザインですが、見た目だけでなく通気性能も考えられた設計です。腋の下にはスリット状のベンチレーションがあり、さらに通気効率を上げています。トレランのような発汗の多いシチュエーションでもおすすめの一着です。

NORRONA Bitihorn Dri1 Jacket Men's 4304-12 Cool Black/Bedrock M

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ノローナのオリジナル素材、2.5レイヤーの dri1を使っている超軽量レインウェアです。着た時の感触もよく、ポケットも豊富。通気性に優れていながらも重量214gの軽量設計。近年求められる軽量レインウェアの要件はクリアしています。持ち運びも楽なので自然環境を相手にするトレランには当然おすすめですが、トレッキングやハイキングなどでも当然活躍します。

OUTDOOR RESEARCH(アウトドアリサーチ) メンズ ヘリウムハイブリッドフーデッドジャケット 19841790

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

耐水性、通気性、防風性、速乾性、すべてにおいて優れた機能を発揮するトレランにおすすめのレインウェアです。Pertex Shield+素材とストレッチ素材、お互いのよい部分を融合させた生地は遮断性も抜群。雨からしっかり身体を守ってくれます。遮断性は高いものの通気性や機動性もしっかり確保された設計で、持っているとトレラン以外の様々なシーンでも活用します。

mont-bell バーサライトジャケット 1128291 [メンズ]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

モンベル独自の防水透湿性素材と極薄シェル素材を採用した軽量レインウェアです。重さは168gで十分トレランでも着られるレベルで、ジッパーなどの細かな部分にもこだわり軽量化を意識して設計されています。通気性を意識しているため着ている時も快適。激しい動きのトレランおすすめですが、軽装備トレッキングなどにもおすすめです。

トレラン向けレインウェアの選び方のポイント

トレラン レインウェア おすすめ

速乾性で選ぶ

トレランは大会も数多く開催されているように、競技色が強いスポーツです。そのため雨がやんだからといってわざわざレインウェアを脱ぐことは少ないと思います。トレラン向けのレインウェアは基本的に軽く、薄くできているため乾きやすいですが、素材なども見極めた選び方をすることでより快適に着用できます。

防水性で選ぶ

トレランの場合、あまり標高の高い山を相手にしませんが、天気の変化に富んだ環境を走るため防水性は必須です。一般的に耐水圧は10,000mmあれば大雨は防げると言われています。この数値を基準にすればトレランでは十分対応できる防水性と言えます。

通気性で選ぶ

トレランは雨が降っても激しい運動を続けます。当然のことながら汗もかきますし、雨も侵入してくるため通気性確保も重要です。素材がゴアテックスだと防水性は高いですが通気性は悪くトレランには不向きです。胸や腋の下などに十分な通気口があるかなど、デザインだけでなく素材や作りを確認しましょう。

自分にあったトレラン向けレインウェアを選ぼう

トレランにおすすめのレインウェア8選はいかがでしたか? トレランは自然を相手にするスポーツなので環境は選べません。それため速乾性、防水性、通気性や動きやすさは大切なポイントです。加えて軽量性やデザインなども考慮し自分にピッタリのレインウェアを選びましょう。

トレランウェアの関連リンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SportsTechベンチャーのAspoleが『オリジナルインソール』をBMZ社と共同開発。公式発売に先駆けてクラウドファンディングを開始!

AspoleZERO 「AspoleZERO」は、休日に競技としてのスポーツを楽しみたい方や、日常から健康管理を意識しているビジネスマンに向けたインソールです。

「AspoleZERO」の特徴

  • 「運動性」と「安定性」と「柔軟性」の三位一体
  • 「立方骨(キュボイド)」を安定させる
  • 衝撃吸収性と反発性を兼ね備えた高級素材「ポロン」を広範囲に使用
>>詳しくはこちら!

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。